Posted by アイ・エス・シーシステム事業部
on 2011年05月11日 in JavaScript/Ajax,jQuery,WEB,プログラミング,便利ツール,技術


先日紹介したWEBサービスで使用されている「jsonp」で取得と表示を簡単に出来ないかな?と思い「Twitter」のAPIを利用してデータを取得しJSONPで表示するものを書きました。

※JSONPについては→JSONPとは

[html]
<html>
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>JSONPでTwitter発言表示してみました</title>
<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi"></script>
<script type="text/javascript">google.load("jquery", "1.6.0");</script>
<script type="text/javascript">
function dispTweet() {
// 一度クリアにする
$("#recent").html("");
// ユーザーアカウントのデフォルト値
var screenName = "isc_web";
// デフォルト表示件数
var count = 20;
if ($("#sname").val() != "") {
screenName = $("#sname").val();
}
if ($("#count").val() != "" && !isNaN($("#count").val())) {
count = $("#count").val();
}
var url="http://api.twitter.com/1/statuses/user_timeline.json?screen_name=" +
screenName + "&count=" + count + "&callback=?";
$.getJSON(url , function(data){
$.each(data,function(i){
// 取得できるデータは
// http://dev.twitter.com/doc/get/statuses/user_timeline
// にて確認してください。
$("#recent").append("<li>"+this.text+"</li>"); // とりあえず記事本文のみ出力
});
});
alert("OK");
}
</script>
</head>
<body>
<strong>TwitterのつぶやきをJSONPで取得表示する</strong><br />
表示したいアカウント:<input type="text" id="sname" value="">&nbsp;
表示件数:<input type="text" id="count" value="">※デフォルト20件<br />
<input type="button" value="ツイート表示" onclick="dispTweet()">
<div id="recent"></ul>
</body>
</html>
[/html]
サンプルはこちら

即できました。
アカウントと表示件数を変更できるようにしてみました。
ちょいちょい改造すれば普通に見られる感じになります。
※あくまでも基本だけでスミマセン。

参考資料
無題メモランダム:jQueryでJSONP

ページトップへ戻る

Get Adobe Flash player