Posted by アイ・エス・シーシステム事業部
on 2011年10月21日 in ニュース


Google様がついに見切りをつけたようです・・・

ASCII.jp:グーグル、古いブラウザ向けのインスタント検索を提供中止.

— 引用 —

インスタント検索は2010年秋に米国で、今年5月には日本でも提供が開始された。同社は提供中止の理由について「日本語入力システムとの兼ね合いにより」と説明している。中止対象は、google.co.jpとGoogleツールバーを古いブラウザで利用しているユーザー。

ブラウザの最新版 (Chrome 14 以降, IE 9 以降, Firefox 7 以降, Safari 5 以降) を利用している場合は引き続きGoogleインスタント検索を利用できる。

この流れが世界でムーブメントとなれば
我々WEB制作者は楽になる日が来る・・・と思いたい。

Posted by アイ・エス・シーシステム事業部
on 2011年05月25日 in ブラウザ,技術


アットマークアイティでこんな記事を発見。
常に考えていたことで共感が持てたのでご紹介します。

クロスブラウザはもう 古い! HTML5+CSS3時代の プログレッシブ・エンハンスメント

内容はサイト制作やWebシステム開発を行う際に常に問題になってくる「クロスブラウザ対応」の進化型論のような感じ

今までは「どのブラウザで見ても同じように表示されること」を目指して制作してきたものですが
これからは「より適した環境」を用意したユーザーには最適な表示をしてあげよう!という考え方にシフトしていくだろう…していかなければいけないということですね。

現況IE(インターネットエクスプローラー)においてはInternetExplorer6を本家であるMSさえも消し去ろうとしています。
それなのにIE6での表示をサポートする理由はもはや無いんですよね。
なのに、いまだに「システム要件」に対象ブラウザ(IE6)って…

個人的には違和感を覚えていたところなのでこの記事はスカッとしました。
※この記事に関しては投稿者の主観に基づいたものです。会社としての総意ではありません。

ページトップへ戻る

Get Adobe Flash player